フェンリルデザイン

ひと粒ひと粒が際立った
4652粒に想いを込めて

白いキャンバスに乗せられた4652粒のお米。 それは、カレーをまとうために理想的なお米の数。 その数に表される”よろこび”を、ユーザーのハピネスを想うフェンリルの スタッフに重ねて、ひと粒ずつが際立つパッケージで表しています。

カレーを際立たせる白のパッケージ

一見するとカレーのパッケージとは思えない、真っ白のデザイン。一面に米粒を散りばめ、カレーに欠かせないお米を表現しています。

お米の質感を立体的に

パッケージのベースにマットビニールを使用し、お米の部分には透明箔を施すことで、立体感を演出。整然と米粒を並べるのではなく、手作業で並べたような、あたたかみを感じる配列にこだわりました。

ユーザーのハピネスに想いを込めて

パッケージに並ぶ米粒は、全部で4652粒。ひと皿に盛られる理想的なその数に、“よろこび”を表しました。その中には、フェンリルで働く403名*を重ねた、同数のロゴマークが隠れています。ひと粒ひと粒の個性が大きな力となり、ユーザーにハピネスを届けていることを表現しています。*グループ全体、2019年5月 現在

裏面のデザインもコンセプトを大切に

裏面に記載したメッセージと製品表示は、白のイメージを崩さないように、親和性を大切にしています。

コーポレートカラーの“黒”を表現

カレーのルーは、フェンリルのコーポレートカラーでもある黒をイメージさせる深い色合い。他にはないアイディアをかたちにする、フェンリルのプロフェッショナルたちを思い起こすような、スパイシーな味が口の中に余韻を残します。