フェンリルデザイン

デザイナーのための
広く境界のない大テーブル

フェンリルデザインのデザイナーたちは、継ぎ目なく続く、大きく真っ白なテーブルで制作します。6メートルでひと続きのこの大テーブルは、広々とした空間に合わせて、白紙から生み出したオリジナルの什器のひとつです。より広く感じさせる境界のない仕上げや、制作物の印象を邪魔しない落ち着いたトーンの白、画面を充分に見渡せる奥行きなど、制作のための配慮を緻密にデザインしています。

ディスプレイを見渡せる奥行き

奥行きを充分に設けた、余裕のある寸法です。これなら、大きなディスプレイでもきちんと距離をとって見渡すことができます。

デザイナーの視界

アプリ全体のトーンに気を配りながら細かいアイコンをつくり込んだり、文章全体の字間の開き具合を見ながら1文字ずつカーニングすることも、この大テーブルならできます。

ペンタブレット

デザイナーは思い思いのポインティングデバイスや筆記具を使います。設置面積の大きいペンタブレットを置いても、すっきりとしています。

道具を広げられる余裕

ノートやスケッチブックを開いたままにできることは、日常の多くの手間を取り除いてくれます。その分、本来の仕事であるデザインそのものに集中できるのです。

まっすぐに続く1枚の天板

6メートルの大テーブルは、運び込めないため、現地で組み立てています。人工大理石を磨き、継ぎ目なく仕上げられた天板は、まるで最初から1枚だったかのような、堂々とした美しさをたたえています。

6ミリの薄さ

長さ6メートルにもなる広さを持つこの天板は、一方で、薄さはわずか6ミリしかありません。自重から守るために、丈夫なスチールフレームとパネルが面で支えています。